浮気調査 電話無料相談 原一探偵の評判と口コミ 

業者が行う無料相談

 

大事な家庭に不倫という影を感じるようになったら、探偵業者にすぐ調査を依頼せず、業者が行う無料相談を試してみるというのもありだと思います。

 

そうでなくても不倫で心が揺らいでいるときに、見知らぬところに極めてプライベートな調査を依頼するのは、いささか心配でしょう。

 

リスクや不安は少ないほど良いのですから、無料相談で相手の対応を見るのは役に立つはずです。

 

お互い結婚している者同士の場合、不倫をやめる契機になるのは、配偶者との間に子供が欲しくなった(相手が希望した)からというのが少なくありません。

 

自分とのことを考えてくれている人に対し、申し訳ないという気持ちが生じたり、不倫相手も家庭があるのだと思うと、ふいに嫌悪感を感じたり、うっとうしく思ったりもするようです。

 

それから、転居、転勤、家族の入院などで距離と時間の都合がつきにくくなったとき、やましい気持ちもあってか、精算したいという気持ちになるようです。

 

浮気が判明したら、代償として慰謝料を求める権利があります。

 

とはいえ、当事者だけで解決しようとすると、権利争いや感情面での言い合いになって、結論にたどり着く前に多大な労力を必要とします。

 

裁判で決着をつけなければならない可能性もあるので、そうなれば弁護士に相談し、トラブルにならないよう交渉してもらう方が良いかもしれません。

 

浮気の確固たる証拠を提示できない場合、離婚や慰謝料請求の裁判では、苦しいかもしれません。

 

不倫行為の存在を法廷が認めてくれないということも、起こりうるからなんですね。

 

そんなときこそ決定的な証拠を見せてやる必要があります。

 

グレーゾーンで慰謝料請求を拒否されるのを回避するには、あらかじめきちんと調査しておくことは大事です。

 

ハイテクが日常生活に浸透している現代では、浮気しているかもしれない人の居場所をGPSでかなりの精度で見つけることが可能になってきました。

 

GPS機能つきのスマホを持ってもらうことで、ほとんどリアルタイムでどこにいるかが分かってしまうのはすごいですね。

 

それで罰則があるというわけでもありませんし、探偵等を使わず自分だけで不倫の有無を調べたいときには、便利です。

 

ただ、位置情報だけでは証拠にはならないのでご注意ください。

 

はからずもご主人の浮気が露見した場合、さしあたっては今後の動向を考えるために心を落ち着けることを優先しましょう。

 

どうしても不倫の事実を受け止めがたければ、思い切って離婚ということもありますし、慰謝料なども勘案しなければいけません。

 

一人で考えても埒が明かないので、二人で会って、これから先どうしていくか話を詰めておきましょう。

 

配偶者のいる人が不倫してしまった際、もしばれれば、慰謝料が必要になることがあります。

 

婚姻関係や婚約中といった間柄なら当然です。

 

向こうが証拠を押さえていたら、逃げおおせることはできないでしょう。

 

慰謝料として要求される金額は、50万くらいから何百万円までと千差万別です。

 

払える見込みが立たないときは、額を減らしてもらうよう交渉するのも悪くないかもしれません。