浮気調査 電話無料相談 原一探偵の評判と口コミ 

浮気の裏付けをとる方法

浮気の裏付けをとる方法はすぐ思いつくのは、携帯電話の電話帳や履歴のチェックです。

 

用心してフリーメールを使っていたり、ライントークで連絡をとっていると考えるのが妥当です。

 

不倫相手の奥さんがきちんと勉強している人の場合、内容証明郵便で慰謝料請求を送付してくることは浮気の場合、当然ありえることです。

 

ひとくちに慰謝料といっても、あちらが離婚しないか、したかによって相応の差が出てきます。

 

離婚「しそうになった」からといって非常に多くの慰謝料の請求があったら、冷静になって、弁護士に入ってもらうことです。

 

近頃ではスマホが元で隠し続けていた浮気がバレるという例も増えています。

 

スマホが主流となっている今、SNS履歴やメール、フリーメールあたりに不貞行為の一部始終が残されていると考えられます。

 

しかもロックをかけているのだったら、スマホの中は浮気のメモリアルだらけと思われます。

 

警戒心もあるため一筋縄ではいかないでしょう。

 

配偶者の不倫に気づいても、相手が警戒しているときは、自力で不倫の証拠を押さえることは、至難の業です。

 

とはいっても、証拠を掴んでいれば離婚にしろ慰謝料請求にしろ、うまく話を進められるので、けして無駄にはならないはずです。

 

これは浮気しているなと気づいたら、興信所や探偵に調査を依頼しましょう。

 

多少出費はかさみますが、カップルでラブホテルへ入ろうとする写真など、裁判にも通用するような証拠を入手できるでしょう。

 

未成年の子がいて離婚する場合、浮気経験のある親というのは親権が得にくいという話が蔓延しているようです。

 

倫理的に言うとそうかもしれません。

 

ただ、裁判所は違う考え方をします。

 

裁判上の親権の判定では、同居の有無や育児への関与といった点を見ていきます。

 

調停委員が子供自身から意見を聞いたりもするように、どれだけ子供の生育環境としてふさわしいかが最優先で考えられているわけです。

 

浮気に依存しやすい人というのは、ウツの症状を持っている場合が多いです。

 

共通する点といえば、メンタル面での負担が大きいことでしょう。

 

どちらかが結婚していたり、あるいは両方が既婚で家庭があったりすると、不倫の罪悪感や将来性のないことからくる無力感や悲壮感などを持っている時間が長くなり、メンタルや体調に大きな影響を与えるのです。

 

それに、取り残された配偶者もウツになりやすいと言えるでしょう。

 

探偵業者に調査を頼んで証拠を得て、ようやく浮気を止めることができたとしても、繰り返すことがあります。

 

休日や退社後の不審な外出が目立つようになり、ふとしたLINEやメールの着信によりまたあの不倫が始まったのかと相談に訪れる人も少なくないです。

 

もともと最初の浮気への対応が甘かったために反省に至らなかったということも考えられますので、仏の顔も三度までということを思い知らせるような措置も考えなければなりません。