浮気調査 電話無料相談 原一探偵の評判と口コミ 

一般的に不倫の証拠に使える写真

 

一般的に不倫の証拠に使える写真というと、二人一緒にラブホテルなどに出入りするシーンは決定的です。

 

個人でも良い機材があれば撮影できるかもしれませんが、証拠としては使えないレベルであるケースがあります。

 

確固たる裏付けとなるような高画質で入手したいのだったら、探偵業者を利用したほうが賢明でしょう。

 

夫婦2人と子供2人(小1、小3)で夫の実家の隣に家を建てて暮らしています。

 

夫の浮気が判明するまでは普通の家族でした。

 

しかし先週、家族会議の結果、離婚することになりました。

 

育児は私の親のサポートも得られますが、経済的には私が大黒柱となって養育していく責任があります。

 

感情的に揺れている自分が上手に対処できるとは思えなかったので、弁護士(裁判ではないですよ)を介し、夫には慰謝料と養育費、不倫相手には慰謝料を求め、最終的に公正証書に仕立ててもらったのです。

 

里帰りや同窓会など、再会のシーズンは要注意。

 

既婚者同士の恋愛に発展することが本当に多いです。

 

かつて好きだった人と気軽に喋れたり、級友同士ということで異性であることをあまり意識しないため、居心地の良さや癒しを感じる人が多いそうです。

 

同窓会出席を契機に、相手の様子がおかしければ、不倫か、その一歩手前にいるのかもしれません。

 

不倫の慰謝料請求には期限があります。

 

不倫相手を特定してから3年間、もしくは不倫の事実から20年以内でも構わないそうです。

 

ただ、時効間際といっても諦めないでください。

 

裁判に訴えることで、時間経過をリセットできるんです。

 

時効が迫っているなら、裁判で時効を利用させないことも方法の一つです。

 

不倫というのは一生続けられるものではありません。

 

浮気の事実が知られ、仮面夫婦を続ける人もいれば、離婚したり、住宅ローンの精算や慰謝料などの問題に発展する場合もあるわけです。

 

倫理面はさておき不倫の当事者同士で再婚するパターンもあります。

 

どういうルートを辿ろうと、めでたしめでたしと言えるエンディングは、あるわけがないのです。

 

不倫で略奪婚に成功しても、あまり幸せになれないという話があります。

 

あながち嘘ではないでしょう。

 

もともと我が身のために、他人の幸せをうばうことに呵責を感じないわけですから、もし結婚できても、知り合った経緯からして話せませんし、ばれるの怖さに嘘をついて生きていかなければいけないでしょう。

 

不倫相手と結婚したって、再び不倫にならないとも限らず、内心の重圧で堪らないのではないでしょうか。

 

一時的な遊興や逃避で始めた交際だったとしても、その配偶者からしたら人生の幸福が台無しになりかねないのが不倫というものでしょう。

 

その許す事ができない行為を好き放題にやらせておく理由はないはずです。