浮気調査 電話無料相談 原一探偵の評判と口コミ 

想定の範囲外のトラブル

探偵は依頼されたことのみを調査すればそれだけでいい訳ではありません。

 

浮気の事実があるのか調査していると、想定の範囲外のトラブルが起きてしまうこともあります。

 

そんな場合には、まず依頼者の立場を最優先に考えてくれるのが信頼に値する探偵と言えます。

 

探偵が信用できるか否かは、相談する時の様子などでじっくり考えて判断をすればよいでしょう。

 

浮気の裏付けをつかみ取るには、探偵に浮気調査をしてもらうことが最も確実な方法です。

 

しかし、探偵に依頼するのは高額なので、どんな人にも簡単に依頼することができるとはいえません。

 

探偵へ浮気調査を頼んだら、金額はいくらほどかかるでしょう?探偵事務所の違いで調査料は変わってきますから、調査を依頼する前には見積もりをお願いするとよいでしょう。

 

離婚を覚悟の上で、その場合の慰謝料は少しでもたくさん取りたいとの考えなら、思い切って浮気現場に踏み込むのも良いでしょう。

 

しかし1人で踏み込むという方法を取ると、喧嘩になりやすいので、できるだけ避けましょう。

 

信頼する人に付いて行ってもらえば、事件を起こすほど感情的になる可能性もありません。

 

信頼できる人が同行できないときは、探偵等に依頼すると良いです。

 

浮気という証拠はカーナビでもつかめるでしょう。

 

カーナビ上の履歴を見ることで、浮気相手と車でデートしたところを見つけられる場合があります。

 

見たことのないとこをの履歴を発見した場合注意が必要です。

 

それに加えて、よくガソリンが入れられていた場合、デートを車でしている場合があります。

 

不倫の問題を相談するなら弁護士に相談することをオススメします。

 

離婚したいと考えるのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと考えるのかを考えてから相談しましょう。

 

不倫の証拠を掴みたいのなら、探偵や興信所に相談するべきです。

 

女性の場合、近所の奥さまや友人に相談してしまう人も多くいるのですが、噂の対象になりたくないのであれば、どんなことがあっても止めましょう。

 

不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、ケースによっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいまでになることもあります。

 

離婚しなくても慰謝料を請求することができますが、その金額は少なくなってしまうでしょう。

 

また、不倫相手の方が浮気を認めない際は証拠が必要になります。