浮気調査 電話無料相談 原一探偵の評判と口コミ 

有利な条件を引き出して離婚する

自分でやみくもに動き回るよりは、専門家である探偵に浮気調査を依頼しましょう。

 

探偵にお願いすると、欲しい浮気の証拠がつかめます。

 

自分で手を尽くして調べてみても、パートナーが浮気していることくらいはわかるでしょう。

 

だからといって、パートナーを責めてみても、浮気を認めようともしなかったら、有利な条件を引き出して離婚することは不可能です。

 

有利な条件の離婚には確実な証拠がどうしても要ります。

 

浮気調査に必要な期間は、平均では一週間以内です。

 

確認しておきますが、これはあくまでも平均的な日数です。

 

浮気を疑っているパートナーがとても用心深かったりすると、1週間から1か月くらいまで期間が延びてしまうことがあることも覚悟してください。

 

それとは逆に、この日は浮気しそうだという日が特定済みの場合は、調査期間は1日で済むこともあります。

 

立ち寄る場所がわかる機械を利用して、頻繁に行く場所を調査して、良く見える場所で観察し続けると、必ず来るはずなので、その実態を把握することは可能です。

 

あまり予算が無い場合には、GPSの機械で所在を調べるのも、ひとつの方法ではあります。

 

ただし、その装置を仕込んだことがわかってしまう事もあります。

 

探偵による調査は高額ですから、「私が尾行すればいいんじゃない」と簡単に考えてしまう人もいるようです。

 

テレビでは尾行に失敗しているのを見ていないために誰でもできると思ってしまいがちですが、予想外の出来事が出てくるのが実際で相手に悟られず尾行をするのは並大抵のことではないのです。

 

勘付かれれば警戒をされるものなので、浮気の証拠を押さえられなくなってしまうかもしれません。

 

あったことをなかったことにさせないためには、探偵を雇い、浮気調査をした方がいいでしょう。

 

興信所と探偵事務所の違う所を聞かれた場合、変わりはほとんど無いと言ってもいいかもしれません。

 

浮気調査から身辺調査、ストーカー対策、行方不明者の捜索等々、類似した仕事をしています。

 

ただし、違いをあげるとしたら、企業や団体は興信所に、探偵は個人からの依頼が多い傾向です。

 

奥さんが夫の浮気の現場に踏み込んで修羅場と化すシーンは、小説やドラマでしばしば目にします。

 

配偶者の浮気現場に乗り込むのが男の場合は、傷害や場合によっては殺人さえも起こるというサスペンスドラマも少なくありません。

 

情事の現場へ乗り込むのも方法としてアリです。

 

離婚も辞さない覚悟なら、やってみる手もあるでしょう。

 

探偵に依頼した仕事が浮気調査だった場合、どう考えても覆しようのない裏付けが取れれば、配偶者と不倫相手には慰謝料を求めることができるのです。

 

心から信用のできない人間と死ぬまで一緒にいるとなるとストレスは相当なものになりますから、慰謝料をもらい、離婚することは選択肢の一つかもしれません。

 

あと、配偶者の不倫の相手に慰謝料の請求をしておけば別れさせることも難しくはありません。