浮気調査 電話無料相談 原一探偵の評判と口コミ 

浮気がばれると慰謝料の支払いが発生

浮気の事実が判明し、慰謝料請求や離婚の裁判をする場合、浮気の証拠が不可欠です。

 

どのようなものでも証拠になるというわけではなく、二人の間に肉体関係が強く想定できるような手紙やメール類や、ラブホや不倫相手宅に通っているときの写真、将来や生活を保障する誓約書なども決定的です。

 

それに、スマートフォンのメール、LINEのトーク履歴などが不倫行為の裏付けとして認められることが増えました。

 

浮気がばれると、慰謝料の支払いが発生することもあります。

 

不倫行為の証拠があれば、逃げおおせることはできないでしょう。

 

その場合、慰謝料の相場が分かれば気も楽ですが、500万位のこともあれば、100万にも満たない金額など、本当にケースバイケースで異なります。

 

自分に払える額でなさそうだったら、分割期間の変更や減額を頼んでみるのも良いでしょう。

 

だいたいどのあたりで浮気だというのでしょう。

 

それは、個々の道徳意識によって異なると思います。

 

異性の中では常に自分を最優先しなければ浮気扱いする人もいれば、少しでも体が触れ合う(あるいはどちらかが触る)と浮気だと認定する人もいるぐらいです。

 

実は不倫には法律上の定義があり、肉体関係が生じた段階で精神的にはどうであれ不貞となるのですが、結婚生活に波風を立てないためには、いかにも浮気ととられかねない行動は控えるべきでしょう。

 

SNSを使いこなす人が増えているせいもあってか、SNSから浮気が露見してしまうケースが増えています。

 

パートナーが以前に比べ頻繁にSNSを更新していたら、普段から不倫の交際相手とコンタクトをとっている可能性が高いです。

 

配偶者の態度とSNSは浮気に気付く材料とも言えます。

 

浮気で生まれたいわゆる婚外子でも、認知を求めることができるのをご存知でしょうか。

 

戸籍上の親の欄に名前が記載され、親として子供を育てたり養育費を払わなければなりません。

 

長期にわたって影響の出る手続きです。

 

認知ときいて浮気相手が逃げてしまった場合、家裁に訴えることもできます。

 

そのような事態に陥る以前になんとか不倫をやめさせないと、今後の人生設計にかなりの不利益も生じかねません。

 

世間では男の浮気に泣く女性というイメージが強いですが、浮気するのは男だけと思ったら大間違いです。

 

同窓会以外にも職場や子供の学校関連など、女性だけが誰かと会うチャンスは思いの外多く、既婚の方がそれ以上発展しないから安心という超越した意見もある位で、既婚女性の浮気なんて珍しくもないのでしょう。

 

最近は、妻の不倫というのが右肩上がりに増えていますし、配偶者の不倫で探偵社に相談する男性が以前ほど珍しいものではなくなってきました。

 

特に不倫調査なんて要らないと思われるかもしれません。

 

でも、ふとしたことがきっかけで不倫に発展することがあるので、女っ気のない職場環境だろうと用心すべきです。

 

常時いる女性と違い、営業などで時々訪れる相手なら、不倫がバレにくいからです。

 

疑わしい様子なら、不倫の調査に詳しい探偵業者に依頼すれば、不安を募らせることもありませんし、精神的な疲弊をかかえずに済むでしょう。

 

パートナーに浮気され裏切られた人の相談に乗る専門のカウンセラーがいます。

 

専門家に話を聞いてもらいながら、いままでのダメージから立ち直っていくことができるでしょう。

 

不倫という許しがたい理由でパートナーと別れてからも人間関係をうまく構築できなかったり、積極的に将来のことを考えられなくなるという相談もしばしば聞かれます。

 

それに浮気された夫婦がもしやり直すのであれば、カウンセラーと話すことで情緒面を落ち着けることができます。

 

パートナーの浮気に気づいたら、証拠を探したほうがいいでしょう。

 

最も確実な浮気の証拠は、他人から見ても不倫だなと分かるような写真です。

 

自分や知り合いを使って浮気現場をとらえたり、慰謝料請求や裁判に使える証拠を得るのは困難でしょうから、探偵業者に依頼することも考えておくと良さそうです。

 

夫は帰宅するとテーブルに携帯電話を置きっぱなしの人でしたが、隠すようになったので、ぶっちゃけ浮気かなと思い当たり、暗い気分になってしまいました。

 

相手が誰かだけでも知りたくて、ケータイチェックを試みたものの、こともあろうにしっかりロックされていて、手も足も出ませんでした。

 

言い合いになるのも虚しいですし、今こそ探偵さんでしょと、なぜか冷静に考えてしまったんですけど、専業主婦が払える金額なんてたかが知れていますし、いまだに踏ん切りがつきません。

 

「一番は君だけだ」なんて、あとから幾ら言ったところで、自らがした不倫の償いは、けして安くはありません。

 

配偶者の出方次第でも違いますよね。

 

ただ、家庭が滅茶苦茶になったり、養育費や慰謝料の支払いが生じたりもします。

 

本人たちにとっては「たかが」浮気かもしれませんが、ばれたら一般的な幸福や信用、金銭など多くのものを犠牲にして償わなければいけないのです。

 

相談無料24時間受付中 原一探偵

 

詳細なご相談や調査は全国にあります原一の事務所か対応してくれますので安心です