浮気調査 電話無料相談 原一探偵の評判と口コミ 

不倫調査で個人情報を開示するのはイヤと思う

配偶者の不倫を疑い、調査依頼のために探偵の元を訪れるとかいう設定は、レディコミやドラマでもそんなに珍しいものではありません。

 

素人が探偵と一緒に行動するシーンもあって、危険なことは無理でも、尾行くらい自分にもできるのではと思うかもしれません。

 

ただ、相手だけでなく周囲の誰にもわからないよう追跡し、バッチリのタイミングで写真を撮るというのは初心者には到底無理です。

 

相手に警戒心を与えないのが成果を得るコツですから、プロに任せるのが一番安心です。

 

探偵社に不倫調査を依頼する際、簡単に個人情報を開示するのはイヤと思うのはよくあることです。

 

依頼に先立っての相談段階では個人情報はなくても大丈夫な会社も最近では増えていますから、あまり心配しなくても良いでしょう。

 

しかし、いざ依頼するとなると契約書を交わすことになりますから、そこで必要な個人情報の開示は避けられないでしょう。

 

探偵に不倫調査をしてもらったあとで、追加で料金を請求されたという事例もあります。

 

ただ、普通は契約書に、オプション付加条件や料金テーブルが記載されているでしょう。

 

このことからも、契約書をよく確認しなければいけません。

 

説明を聞いてもわからなかったりしたら、依頼前に質問して、解消しておくのも大事だと思います。

 

個人情報保護という考え方が浸透してきたせいか、いくら浮気の調査でも、調査対象者の関係先をあたって情報を集め、顧客に売却する探偵の行動が非合法になりはしないかと懸念する人は意外と多いです。

 

ご心配なく。

 

探偵業法を遵守していれば違法ではありません。

 

法律自体は平成19年6月に施行されましたが、それまでは探偵の業務に関する全国共通の規定というものがなく、業者の違法行為によるトラブルを防止するために施行されました。

 

探偵の仕事といえば、ほとんどの人が尾行を想像することでしょう。

 

密偵という言葉があるように、相手に気づかれずに行動を追い、不倫等の証拠を押さえることです。

 

露見することはまずありませんが、尾行する人間は相手の行動を冷静に先読みして予測しなければいけません。

 

想定外の行動をとったから失敗したでは済まされないのが、「ごく普通の探偵」の業務です。

 

現実的な話、探偵に任される調査の大概は浮気調査です。

 

挙動不審なところがあるので、浮気の有無をとりあえず調べてほしいとか、ガッチリ証拠をつかんで欲しい(離婚するから)など、幅広い調査に応じています。

 

パートナーはもちろん、浮気相手から慰謝料をもらおうと思ったら、証拠の精確さが大事ですから、その道のプロを利用するのが賢い選択でしょう。

 

実際に探偵業者に来る依頼のほとんどは、身内の方による浮気調査です。

 

とりあえず、調査員がどのように浮気調査を行っているのかを取り上げてみました。

 

一般的な浮気調査では、勤務先や居住地といった個人情報をベースに、追跡します。

 

いわゆる「尾行」です。

 

四六時中尾行しても気づかれるリスクが高く無駄骨なので、浮気相手と会う時間がありそうな日に絞って後を追い、浮気の裏付けをとります。

 

一番明らかな証拠は写真ですね。

 

ペットの迷子探しがあるせいか、混同されることもあるのが探偵業者と便利屋です。

 

しかし、両者には大きな隔たりがあるんですよ。

 

便利屋といった職業は所轄する官庁がないのに対し、探偵業を始める際は、探偵業法の規定通りに、公安委員会に必要書類と共に開始届出書を提出し、探偵業の認可を受けてこそ開業できるのです。

 

法規制がない便利屋と違い、大事な個人情報を扱えるのが探偵社なのです。

 

実際のところ探偵調査業というものにもライバル社というのはあり、破格値で調査してくれるところとか、ポッキリ価格で請け負う業者が増えているようです。

 

そうは言っても、別料金扱いのオプションが設定されているケースがあるので、もしそこに依頼するなら、そういった疑問点を解消し、トラブルにはまらないようにするべきです。

 

私は大手探偵社の調査員をしていますが、浮気調査できちんとした成果を挙げられるかどうかは、相応の経験とカンが不可欠です。

 

その上、突発的な事態に対し、すぐ判断してベストな選択をしなければいけないので、気は抜けません。

 

浮気の場合は相手もいることですし、あくまでも内密に調査を遂行しないとクライアントの利益を損なうことに繋がるため、徹底的に注意を重ねるのが大事です。

 

信頼と安全の確保に手抜きはありえないのです。

 

ネットで検索すると探偵社がたくさん出てきて困っていませんか。

 

まずは大手や中小にこだわらず、どの地域なのかを中心に、ネット検索すれば会社の数は限定されます。

 

ある程度の選別ができたら直接電話で話してみることをお勧めします。

 

現場の人と話をしてみないことには、探偵社の雰囲気すら判断しようもないです。

 

電話から最初の一歩を踏み出しましょう。

 

相談無料24時間受付中 原一探偵
↑こちらのページからののご相談される場合は、もし調査を依頼される場合に半額クーポンが付いてきます。