浮気調査 電話無料相談 原一探偵の評判と口コミ 

探偵業法が2007年に施行される以前は、調査業務を取り扱う会社に関する統一の法規制が存在しなかったので、業者の違法行為によるトラブル発生抑止のため施行されました。

 

探偵がしている仕事(行動)として、大抵の人が尾行を連想するのではないでしょうか。

 

密偵という言葉があるように、相手に気づかれずに行動を追い、状況を報告したり、裏付けをとったりする作業です。

 

調査が発覚したというケースは極めて稀ですが、探偵は調査対象者の行動をある程度、予測しておく必要があります。

 

相手の不定型の行動に迅速に対処するのが「ごく普通の探偵」の業務です。

 

私は大手探偵社の調査員をしていますが、一番多いのは浮気の調査ですね。

 

もちろん、その証拠を集めるには要所ごとの手際の良さと、3カン(感、観、勘)が要すると思います。

 

ドラマのような展開はないですが突発的事由も多いですから、すぐ判断してベストな選択をしなければいけないので、気は抜けません。

 

浮気の場合は相手もいることですし、あくまでも内密に調査を遂行しないと依頼人を推定しやすいということからも、徹底的に注意を重ねるのは常識です。

 

対象者になった経験のある人の追跡は、さらに注意が必要です。

 

探偵に調査を依頼するときには、一般的な調査費用の相場に関する知識が不足していると、意外に高額で、「騙されてる?」と思った人もいるそうです。

 

なにせ、時間あたり1万円程度を想定していると妥当だと思います。

 

期間(時間数)が増えたりすれば費用負担は増えるだけですから、支払い可能な金額を超えないように気をつけましょう。

 

探偵社の調査員が尾行に利用するものとして、かつては無線発信機を使用していたのですが、少し前から衛星を使ったGPSを活用する探偵社が増え、同じ「発信機」でもこんなに違うのかというほどターゲットを見失う危険性が減りました。

 

近頃のGPSは精度も高くなっていて、よほど電波の届きにくいところでなければ追尾対象の場所の把握は簡単にできるようになっています。

 

高性能の小型GPSを設置することにより、追尾の成功率はグンと上がるのです。

 

探偵に不倫調査をしてもらったあとで、追加で料金が必要になることもあるようです。

 

契約書を見てみると、まともな会社であれば、オプション付加条件や料金テーブルが書かれています。

 

したがって契約書にはよく目を通して理解することは、トラブル防止に役立ちます。

 

もし不明な点があるのなら、契約する前に納得がいくまで質問するのも怠らないようにしましょう。

 

実際に探偵(調査員)を雇う方法ですが、探偵業務、興信所業務を行っている会社に頼むのが現実的ですし、効率も良いでしょう。

 

良い仕事と納得できる料金の業者を見つけるために、1社だけでなく複数の業者をみてみることが大切です。

 

とくに、相場ぐらいは知識をつけておきましょう。

 

法外な請求をしてくるような悪徳業者を避けるための自衛策でもあります。

 

探偵業といえど競争があるのは事実で、超リーズナブルなコストテーブルや一律価格を謳う会社がしばしば目にするようになりました。

 

そうは言っても、別料金扱いのオプションが設定されているケースが多いので、探偵に依頼する際は、契約前に調査内容や料金の詳細を説明してもらい、あとで後悔することがないよう注意しましょう。

 

興信所や探偵を利用する事由の大半は、浮気調査です。

 

なんとなく行動が怪しいから、浮気しているかどうかだけでも知りたいというものや、裁判で有利になる証拠が欲しいという依頼まで、ニーズに応じた調査を行います。

 

特に、不倫の相手方に慰謝料を請求するときは、証拠が明白であることが大事ですし、探偵に依頼するのが良いでしょう。

 

探偵調査を依頼されても、証拠を用意できないことがあります。

 

たとえば、浮気調査で相手が(少なくとも調査期間中は)無実だったケースです。

 

しかし日数ではなく、調査能力不足によって証拠をあげられないというケースもないわけではなく、興信所や探偵会社のクチコミをあらかじめ確かめてから契約する必要があるでしょう。

 

あとは、依頼者と探偵がお互いによく話して疑問点を解消することが結果を左右するのはいうまでもありません。

 

相談無料24時間受付中 原一探偵
↑こちらのページからののご相談される場合は、もし調査を依頼される場合に半額クーポンが付いてきます。